保険薬局 Pharmacy

薬を通して地域の方々が安心できる毎日をつくる。

医師の指導のもと、薬剤師が患者様のご自宅や施設に伺い、薬の管理状況の把握や残薬確認など薬学的な管理指導を実施。
在宅・外来・地域活動の3つを軸に、薬を通じて地域の暮らし・生活の安心を提供します。

Flow

調剤の流れ

STEP
処方せん受付

どちらの医療機関の処方せんでも受け付け可能です。

STEP
処方鑑査

処方せんの内容に加えて、過去の薬歴やお薬手帳の情報も確認した上で薬の準備をいたします。不備や疑義がある場合は処方医に問い合わせいたします。

STEP
調剤

処方せんに従って薬剤師が迅速かつ正確に調剤します。また患者さまの状態に合わせて、医師の指示のもとお薬の一包化や粉砕をすることもあります。

STEP
鑑査

調剤した薬を、患者さまにお渡しする前に、あらためて副作用やアレルギーの有無、複数種類の薬の相互作用などを確認をします。

STEP
服薬指導

患者さまに薬のお渡しと説明を行います。その際に、病態のことや併用薬、以前服用した薬で体調の変化がなかったかなど、いくつか質問させていただき、相互作用などについても詳しく説明いたします。

STEP
薬歴管理

患者さまから聞き取ったことや、質問された内容とその回答などを、次回の投薬に活かせるように記録を残します。

Feature

MSCの保険薬局の特長

ご自宅や施設へ訪問し、
薬の管理や指導を実施。

通院が困難な患者様のご自宅や高齢者介護施設などに薬剤師が訪問し、多職種と連携しながら薬の管理を行います。自社で運営する4施設を含む計10施設で居宅療養管理指導などを実施。
また個人在宅では、患者様やご家族の意向を踏まえ、自立したより良い日常生活に向けたサポートもしています。

コミュニケーションもしっかり取りながら、
最も適切なお薬の提供と指導を行います。

総合病院の門前薬局として高度な医療を受けられている患者様はもちろんのこと、地域の患者様もご利用いただいています。初見の処方内容から患者様の背景を読み取とったり、患者様やご家族様から服用歴や併用薬などの情報を聞き取ることで、最適な薬の管理や指導を行います。

また当薬局では、全店舗にて「オンライン資格確認」・「電子処方箋」の対応ができる体制を整えています。

  • オンライン資格確認システムを通じて患者様の診療情報、薬剤情報等を取得し、調剤・服薬指導等を行う際に同意いただいた情報を閲覧し、活用しています。
  • マイナンバーカードの健康保険証利用(マイナ保険証利用)を促進する等、医療DXを通じて質の高い医療を提供できるよう取り組んでいます。
  • 電子処方箋や電子カルテ情報共有サービスを活用するなど、医療DXに係る取組を実施しています。

※電子処方箋・電子カルテ情報共有サービスは導入予定となります。

地域イベントへの参加や公式LINEの運用で
綿密なコミュニケーションを実現。

お薬相談会やフレイル予防イベントへ参加するなどの地域ボランティア活動にも参加しています。また、地域のかかりつけ薬局として公式LINEを活用した処方箋送信システムを運用。処方箋を事前に送っていただくことで、患者様の待ち時間軽減に繋げています。

さらに、LINEを通じて患者様とコミュニケーションをとることで、お薬を渡すだけの薬局ではなく、その後のフォローアップも積極的に行っています。

災害や新興感染症の発生時等の
当薬局の対応について

当薬局では、事業継続計画( BCP )を策定し、 BCP 訓練を実施しています。医薬品の供給施設として薬局機能を維持しており、行政機関や地域医療機関、関係団体の研修会にも積極的に参加しています。また、新型コロナウイルス抗原定性検査キットの販売を行っております。

Pharmacy

運営薬局

薬局いろは

〒530-0026
大阪市北区神山町14-21

TEL:06-6312-3660
FAX:06-6312-3661

薬局いろは 南森町店

〒530-0047
大阪市北区西天満5-15-18

TEL:06-6131-3789
FAX:06-6131-3790